ドイツサロン

ぐんま日独協会では下記要領で「ドイツサロン」を開催しています。ドイツ人も参加して毎回20~30名が集まり、テーマを決めて楽しく意見交換や相互交流を図っています。ドイツ語が分からなくても大丈夫です。

参加資格:①ぐんま日独協会会員
     ②ドイツに関心のある非会員(非会員の方は2回までお試しで参加可能です。
      参加を希望される方はぐんま日独協会の事務局info@jdg-gunma.jpまでメールをいただければ
      折り返しご連絡差し上げます。)
開催日時:原則毎月第1土曜日14:00-17:00(途中の出入り自由。都合により、日時の変更あり)
開催場所:前橋市中央公民館5階学習室またはオンライン
  COVID-19拡散防止のため、従来の会場(高崎「陶豆屋」会場費500円)での開催は当分の間見合わせます。

次回のお知らせ
2022年7月2日 (土)14:00~16:00 オンライン ドイツサロン
ドイツ人ゲスト: Tom Entelmannさん
北ドイツのブレーメン州とニーダーザクセン州についてのお話を伺います。ブレーメンは、ブレーマーハフェンと共にニーダーザクセン州の中央に小さな州として位置しています。ハンザ都市として発展してきたこの街の歴史と魅力について、またニーダーザクセン州の様々な魅力についても語っていただく予定です。(日本語通訳付き)
会員プレゼン: 笠原浩一郎会員 「ドイツと日本の介護保険の相違」
ドイツが1995年に始めた介護保険制度を参考に、5年後、日本も同じ制度を作り上げました。国民性の相違から生じた制度の相違を解説したいと思います。更に利用者の急速な加齢による全体像の変化に対処するため、その都度、変えた理念をも検討いたします。
  

ブレーメン市庁舎                                                                                   

★最近のドイツサロンの様子の紹介
イベント予定と記録」の項を参照ください。

★問合せ先:ぐんま日独協会事務局 027-288-4297
     info@jdg-gunma.jp

★中央公民館周辺 元気 21マップ・駐車場はここをクリック
   JR前橋駅から:バス5分、徒歩10分
  オンラインの参加については操作の不安がある方は事務局へお問い合わせください。